仙骨ダイエット効果口コミやり方ナビ※温める効果があるの?

仙骨ダイエットをやってみようかと思っても、やり方がわからないという人は多いはずです。効果をあげるためにも、正しい仙骨ダイエットのやり方を知っておくようにしましょう。
仙骨とは、骨盤の中心にある骨のことです。運動不足などによって筋肉がつかなくなると、お腹や背中に脂肪がついてしまうため、仙骨の位置がずれてしまいます。仙骨はとても背骨を支える骨でもあるため、ここがずれると血流が悪くなり、代謝も悪くなります。脂肪の燃焼もしにくくなってしまうのです。
仙骨ダイエットの効果を得るための正しいやり方は、まず、夜、入浴した後に行うことが大切です。エクササイズは10回を目安にします。呼吸はゆっくりと自然に行うようにしましょう。エクササイズをした後は、就寝するまで1時間以上あけるようにします。
イスに浅く坐り、両手でイスのフチを掴んだ状態で足を揃えて伸ばします。息をゆっくりと吐きながら、両足をそろえたまま胸へ引きつけます。息を吸いながら戻します。この動きを10回くりかえします。
次に、イスに浅く坐り、両手でイスのフチをつかんだまま、今度は両足を開いて伸ばします。足は出来るだけ水平を保ちます。両足を開いたまま、ゆっくりと息を吐きながら胸の方へ引きつけます。息を吸いながら戻します。これを10回くりかえします。
イスに浅く坐り、両手でイスのフチをつかんだまま両足を内側に向けます。ゆっくりと息を吐きながら、両足を胸の方へ引きつけます。この時、膝はくっつけます。息を吸いながら元に戻します。これを10回繰り返します。
このように、仙骨ダイエットの効果的なやり方にはポイントがあります。

シェアする!

Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket

大注目の記事: