夏になると水着や肌を露出した服を着るので、お腹や腕の余分な脂肪が気になり始めます。夏までに何とかしておしゃれを楽しむには、どんなダイエットをしたらいいのでしょうか。
気になる部分は、二の腕、お腹だと思います。この部分を重点的に引き締めます。そのためには筋トレです。
食事制限ダイエットをすると体重は減りますが、引き締め効果は期待できません。1日の消費カロリーの多くを占めるのは基礎代謝です。基礎代謝のうち筋肉が作るエネルギーが30~40%です。筋トレをして筋肉をつけると基礎代謝が上がり、やせやすい体になります。筋肉がつくことで脂肪を支えることができ、引き締まったラインも手に入れられます。
部分的な筋トレをしてもダイエット効果が少ないので全身の筋トレをします。50回も100回もやる必要はありません。6~10回を3セット行います。あと2回できるくらい余裕を残す回数で充分です。筋肉を増やすには48~72時間の回復期間が必要なので、2,3日に1回にします。1週間に2,3回だけやればいいから、それほど大変ではないはずです。
脚の筋肉を鍛えるにはスクワット、腕は腕立て伏せ、お腹は腹筋をします。上に持ち上げるときは1~2秒かけて息を吐きながら、おろすときは2~4秒かけて息を吸いながら行います。
引き締め効果を得るには早くても1か月、3か月続けると太りにくい体を手に入れられます。

シェアする!

Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket

大注目の記事: