血統コントロールダイエットって効果ある?痩せる?※調査結果

血統コントロールダイエットの目的は、血糖値を安定させることです。食事による血糖値の上下を少なくし、体への負担を軽減することにします。そして糖質の摂取量を制限し、体を脂質代謝にし、体内の脂肪の利用率を増やすことにより、体重の減少をする、というやり方なのです。これを効果的に行うためには、食事の内容が重要になります。
血統コントロールダイエットの食事の内容は、基本的には主食を食べないようにします。主食は炭水化物以外の栄養素はあまり含んでおらず、血統コントロールダイエットにおいては、必要の無い物となります。なので主食は食べるメリットは無いのです。
主食を減らした分、おかずを増やすようにします。この時に増やすおかずは、糖質が少なく脂質やたんぱく質の多いものです。具体的には肉や魚、卵です。これらを摂取することで、糖質を摂取せずに、体に必要なたんぱく質を摂取することができます。脂質やたんぱく質は、血糖値を上昇させません。なので血統コントロールダイエットに適しているのです。
血統コントロールダイエットでは、カロリーの制限を行いません。極端に大量の量を食べるのでなければ、糖質を制限している限りには、体脂肪は減少するからです。なので効果を出すためには、徹底的に糖質を排除する、というやり方が適しています。糖質を制限するというやり方は、体が脂質を優先的に代謝する状態になるため、実践中は常にダイエット効果を発揮してくれるからです。

シェアする!

Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket

大注目の記事: